モルタル外壁の特徴とメンテナンス

モルタル外壁とは?

モルタル外壁
モルタル外壁というものは、セメント質のものを混ぜて、壁面に定着させるものになります。壁面に定着させる際に、木材で組んでおくタイプや、木材の上からメッシュマットを敷いて、その上から、モルタルを投入して、壁面を平面に仕上げていきます。モルタル外壁でなければ、パネル工法やスレート工法というものになり、またコンクリート工法というものも存在します。コンクリート工法では柱の枠組に型枠を敷き詰めて、コンクリートを一気に流し込んで硬化させるものですが、モルタル工法ではその壁面内部を中空構造にして、内部の空気循環を組むことが可能になっています。壁面専用の工員がその施工を携え、モルタルをコテで付着させていきます。内部の構造がしっかりしていることは前提になります。そして、そのモルタルの付着を硬化し、強度を高める為に、木材やメッシュの金網等で、補強を施します。それは外表面には通常見えませんが、モルタルの壁面を強度に保つ仕組みとして主流になりつつあります。

モルタル外壁のメンテナンス
モルタル外壁のメンテナンスというものは、モルタルに亀裂が入っていないか、若しくは漏水からモルタル壁内部に水が侵食していないかを調べる工程になります。モルタル外壁というのは、モルタルに塗装を施して防水し、水の腐食が無いように通常行ってあります。ただし、その防水塗装が剥がれてしまい、モルタルが水分を含んだ状態が長続きしますと、モルタルの強度が弱まることと、内部の壁面支柱が脆くなってしまう原因となります。そして、支柱自体に損傷が来てしまえば、その建物の構造自体が危ぶまれる結果となります。これは、築年数にも比例として該当しますので、モルタルを補修し再加工して防水処理をする要素が、外壁には必要になります。外壁に関してはその雨水・流水が浸透しないようにする仕組みが重要ですが、モルタル工法の精度によっては、その防水対策がしっかりしていないという側面も否めません。モルタル外壁はその劣化と汚色に関して、ユーザー・オーナーの観点があり、その洗浄を果たすことでのメンテナンスが一般的です。ただし、洗浄メンテナンスの際にひび割れ等が確認できる際には、モルタル施工の再試行が必要でしょう。

モルタル外壁の構造
モルタル外壁の構造は、その支柱を立てる段階で、どこまで横組の板を敷き詰めるか、若しくはメッシュシートを内壁全体に張って、モルタルで敷き詰めていくかの施工計算が必要になります。つまり、メッシュシートの下材としての横板をどのように組むかも重要な事で、モルタルだけでの強度は保てない常識があります。ですのせ、支持体をしっかりと組んでから、メッシュ組みを施し、モルタルで乾燥後の強度を確かめると良いでしょう。モルタル外壁はその作用性から、パネル・スレート工法ではない簡便さがあります。ですが、モルタル内壁の構造をしっかり作っておかないと、強度の圧力がかかった場合には、破損する事もありえます。ですので、モルタル工法の前提として、柱組み横板組みをしっかりと行いましょう。その支持体にメッシュシートを固定して、コテでモルタルを一気に塗り込んでいきます。そして、モルタルが一時乾燥したあとで、更にモルタルを何層か塗り込んで、最後に塗装仕上げを行います。モルタル工法の良いところは、その内壁に内空間を作り上げることができますので、コンクリート工法より軽くて、室内気温の安定に役立てることができます。モルタル工法では軽くても丈夫にはなりますが、高層建築には向いていません。

モルタル外壁の効能
モルタル外壁の効能として、モルタルの表面が水分を吸い込みやすいという点を活かすことができます。これは外壁としては、内容に水が漏らないようにする防水処理が必要になり、かえって、壁面内部ではある程度の水蒸気の付着は効果があるとする見方があります。つまり、壁面内部における通風で、室内の湿度をコントロールするという見方もできるのです。室内表面には確かに板材で組んでから、内装を施すのですが、その板材の向こうに中空構造の内壁があれば、室内の気温・湿度を快適に保つことができるのです。内壁中空構造はパネル式・スレート式で、組まれたシステムがあり、その施工方法を利用することも可能です。モルタル外壁構造に於いては、コンクリート工法にできなかったこれらの壁面中空構造を仕組むことが可能になります。そして、モルタルには、パネル切断のような方式が必要でなくなりますので、施工方式とすれば、モルタルを練っておくだけで充分になります。施工方式の簡便化と軽量化には一役買っている訳になります。メッシュシートを敷き詰めることや、内部の柱構造を活かした仕組みとして展開すると、より強度を保った内壁の製作も可能になります。そして、振動性や空気の遮断性能を上げること、内壁空間の通気を保つことで、より薄い壁面・外壁の制作が可能となります。